今までに、お客様から寄せられたご質問をまとめて掲載しております。
ご質問への回答は、弊社の技術力をまとめたものでもあります。
お客様がお知りになりたい事柄がこちらに掲載されていない場合はお問い合せページより、フォームに入力してお送りください。随時受け付けております。お気軽にご質問ください。

【ワイヤーカット油加工編】
加工できる素材は?
基本的に金属で通電性のあるものであれば、加工可能です。超硬、SKH(高速度鋼)も問題ありません。
加工品の用途はどういうものですか?
試作品、疑破壊テスト品、金型用部品などです。
ロット数はいくつから?
試作では1個から作成します。
精度は?
加工精度は±0.002、ピッチ精度は±0.001、面精度は実績として0.8sくらいは出ます。
水加工では、精度は±0.005~0.01、面精度は2sくらいです。
見積依頼をしたいのですが、どのようにすれば良いのですか?
メールまたはFAXにて、図面等を送っていただいて、どの加工を行うか打合せが必要と思います。
材料によっては、支給していただけると良いです。
見積依頼をする場合の注意事項や必要なものを教えてください。
位置出しをどこでするか、スタート用の穴をどこにするか、切り落としの位置など指示していただくと楽にできます。
見積依頼をしてから、回答はいつ頃いただけますか?
即日、ご連絡します。
納期まで日数がないのですが、短納期でも対応は可能ですか?
ワイヤー線径0.03から0.8に対応しております。加工の線径によっては、翌日加工も可能です。
ワイヤーのスタート穴は?
油の細穴加工機があります。0.38から対応しております。タングステン、超硬も問題ありません。
どのくらいの厚さで加工できますか?
0.03ワイヤーであれば、3mmくらい
0.05ワイヤーであれば、10mmくらい
0.1ワイヤーであれば、20mm以上でも可能です。
どれくらいの小さいものまで加工できますか?
1mm角以下のものでも可能です。その際、加工物が落ちないようにブリッジ部を指定していただくと、加工中になくならないので楽です。スリット幅は、補正が入ると0.06くらいからですが、補正を入れない加工でしたら0.04位でも可能です。
 
【ワイヤーカット加工編】
スリット幅はどのくらいまで可能ですか?
条件にもよりますが、0.03ワイヤーで0.05と考えてください。形状加工面精度をだすための4回きりぐらいの加工ですと、0.06~0.07ぐらいになります。仕上げ条件で、1stカットする方法で行えば、最小スリットが入れられます。
最小径(R)はどのくらいですか?
ワイヤー線径によります。補正が入りますので、簡単にはワイヤーRと考えてください。0.03ワイヤーであれば、0.03R、0.05ワイヤーであれば0.05R、0.1ワイヤーは0.1Rといった具合です。何度か切りの加工を行ない、徐々に補正値を変えて最終形状にします。可能なRとなりますと、0.03ワイヤーですと0.02Rくらい、0.05ワイヤーで0.03Rぐらいは可能ですが、はっきりとしたR形状にはなりにくいです。
深さはどのくらいですか?
厚いブロックの端面に、0.03ワイヤーで浅い溝を入れることも可能です。30mmぐらいのブロックに0.1mm~1mmぐらいの深さで溝を入れますと浅い溝は、幅0.04ぐらいですが、1mmぐらいの深さになると、幅は0.052~0.054ぐらいに広がります。浅いほうが狭い幅の溝が加工できると思います。いずれの場合も、金属特性による違いはありますので、多少の差はあります。
面精度はどのくらいまで出せますか?
0.03でも0.2ワイヤーでも、1stから最終工程まで加工条件を変えて行ないます。仕上げ加工まで行なえば、面精度は1s以下、0.8sの実績がありますので、材料の加工途中の変形(塑性変形)が無い限り、仕上げ加工まで行なえば同程度まででていると考えられます。
送りピッチ程度はどうですか?
超精密加工機ですので、機械精度で0.001以内となっております。
精度補正(測定)はどうですか?
接眼識測定で、100倍までの測定を行なっております。測定誤差は2ミクロン程は出るかと思いますが、丸形状、角穴形状はそのくらいの誤差以内で測定できます。ピッチでしたら、それ以下で測定できると思います。多数個加工では、加工途中に測定を行ない、目的数値に合わせる様補正修正しながら加工を行なっております。 ものによっては、同一部品上でテスト加工を行ない、マイクロメーター、非接触接眼式測定器により測定後に補正値を決め加工しております。
測定データ等は発行できますか?
上記のデータを表にして発行しております。金型での初回製品検査、ワイヤー加工の製品の検査表等、必要でしたらご連絡ください。それ以外の品物につきましては、図面上に測定実数値を記入し添付しております。
取付治具はありますか?
ほとんどの品物には対応できると思います。但し、加工済みの品物に加工する場合、他の加工との位置、平行合わせが必要とする部品であれば、当社または貴社にて作成依頼をする場合もあります。角度の加工の場合は、ワイヤー線が垂直に加工できる治具が必要となります。
ワイヤー加工の他の加工もできますか?
材料調達、焼入れ、研磨、フライス加工等は行なえます。  材質、精度の点については問合せください。
ワイヤー加工後の洗浄はできますか?
基本的に酸洗い程度は行ないます。ワイヤーヘソの除却加工も行ないます。ご相談ください。
どれくらいの小さいものまで加工できますか?
1mm角以下のものでも可能です。その際、加工物が落ちないようにブリッジ部を指定していただくと、加工中になくならないので楽です。スリット幅は、補正が入ると0.06くらいからですが、補正を入れない加工でしたら0.04位でも可能です。
ワイヤー線の径はどのようなものがありますか?
水加工では、主に0.2です。特殊加工として0.15も可能です。
油加工は、0.03、0.05、0.07、0.1、0.15、0.8の6種類に対応できます。
最小R、加工物の厚さなどによりいろいろな線の中から最良と思われるもので加工しております。

試作品で多数個の場合、単価は安くなりますか?
そのような時は、板厚、使用ワイヤー線径にもよりますが、何枚かを重ねて治具に取り付け一緒に加工します。見積もり依頼の際ご相談ください。
カビ・腐食は大丈夫でしょうか?
水加工では放電加工した面はサビが発生しやすいですが、油加工では油の液の中での加工になりますので、表面処理した材料の加工などでもかなり良好な加工ができます。特に、超硬の加工では、内部の組織をあまり破壊しないので、水加工に比べると格段に良い結果が得られます。
 
【プラスチック加工編】
加工できる素材は?
ポリカーボネートやポリエステル系のシートなどのプラスチック板、基本的にシャーリング可能なものであれば何でもトライします。厚物は、3mmくらいまでの経験があります。金属との貼り合せ材や、多層材の加工も行なっております。
加工品の用途はどういうものですか?
電器製品、液晶用機能フィルム、自動車電製品機能フィルムなど。
ロット数はいくつから?
試作用の仮型も作成します。1個からでも作成します。仮型でも形状によっては、1,000ヶぐらい可能です。量産は、自動機がありますので10万個以上でも対応します。
精度は?
プラスチックの温度変化による伸びがありますが、穴とか溝ですと±0.05ぐらいまで可能です。
板厚や材質により、多少差が出ます。
見積依頼をしたいのですが、どのようにすれば良いのですか?
メールまたはFAXにて、図面等を送っていただいて、どの加工を行うか打合せが必要と思います。
材料によっては、支給していただけると良いです。
見積依頼をする場合の注意事項や必要なものを教えてください。
位置出しをどこでするか、スタート用の穴をどこにするか、切り落としの位置など指示していただくと楽にできます。また、ロット数、希望納期等、問題点があれば記入していただくと助かります。
見積依頼をしてから、回答はいつ頃いただけますか?
社内加工のみで対応できるものであれば、即日、ご連絡します。
納期まで日数がないのですが、短納期でも対応は可能ですか?
仮型の作成の必要のある場合で、2~3日、材料手配とかありますので3日間くらいです。金型作成であれば、形状にもよりますが2週間ほどです。
どのくらいの厚さのものまで対応できますか?
ポリカーボ材の3mmぐらいまで対応できます。公差も±0.1以内の精度で加工しています。
どのくらいの大きさまで加工できますか?
特殊物で1000mmぐらいまで加工をしています。だいたい500mmぐらいまでの大きさの物が大きい部類になります。
どれくらいの小さいものまで加工できますか?
板厚にもよりますが、刃の大きさ大の物ぐらいまでと考えてください。
 
【フィルム抜き加工編】
加工できる素材は?
基本的にシャリーングで加工できるものは抜いています。アクリル系の材料は、クラックが入るので不可です。グラスウール系、ガラエボ系でも材質によっては、抜き加工ができます。多くは、ポリカーボ系の材料で、表面ハードコート付、多層機能材、高付加価値材など、高価、特殊材の精密抜き加工を得意としています。
厚い材料は抜けますか?
3mmぐらいのものは実績があります。ポリカボ材でも抜いております。
精度はどうですか?
金型で加工を致しますので、常温であれば400mmぐらいまで±0.1以内で、加工内差は、0.05ぐらいの変化以内に抑えられます。穴径、穴ピッチは±0.1で、十分対応しております。小径の穴は±0.05以下で、形状加工でも小さいものでも±0.05以内で管理しております。
金属にのりを付けた品物、フィルム付の品物などの機能部品の加工はできますか?
あまり厚くない金属(1mm以下)のものであれば、0.05ぐらいの物まで加工実績があります。自動送り装置付プレス加工機を持っております。自動化にも対応しております。
試作は可能ですか?
仮型も社内ですべて加工しております。対応いたします。
部分的にのり付または印刷品には対応できますか?
社内では、板加工を中心に行なってます。協力工場等ありますのでご相談ください。
検査はどうですか?
社内に3次元測定器、デジタルノギスなど用意しております。工程途中で、ノギスまたはルーペによる測定、初回品と最終品を3次元測定器で測り、検査成績書も発行しております。
工程管理はしていますか?
社内工程表があり、納入日、納期、各工程の作業内容、チェック事項、ロットNo.などの記入を行ない管理しております。ISOに則した管理、検査を行なっております。デンソー向けなどの自動車関連品も同様な管理の下に加工しております。
その他技術はありますか?
フィルムをきれいにカットするよう研究しております。シェービング加工など金型を作成しております。またTAMA-TLOを通して、首都大学とは抜きに関して破壊現象分析などを通していかにきれいな抜き面で加工するかという協同研究を真鍋研究室と2004年より行なっております。 その他、ヒナクル複合型などの作成、金型にトムソン刃を組み入れた金型の作成なども行なっております。
 
【細穴加工編】
どのくらいの穴径まで加工可能ですか?
油の細穴加工機があります。電極は0.3mmまで対応可能です。穴径で言いますと、0.38mmぐらいが最小となります。
仕上がりはどうですか?
水の細穴加工機に比べ、油の細穴加工機は、加工した穴の金属破壊が少ないことで す。 
本来、ワイヤー加工用の下穴という考えですが、水の細穴加工機であけた穴ではスタート時に条件を下げる必要がありますが、油ではその必要がほとんどありません。また、超硬、タングステンなど、通電性のあるものでしたら、加工可能です。
深さはどのくらいまで可能ですか?
0.3mmの電極加工で20mmぐらいは加工しております。
ご相談ください。要求によりトライをしております。