ワイヤーカットによるオリジナル商品

今度は義理の息子の会社で、アクセサリー関係の会社を立ち上げるとのことで、入口に置く表札代わりのプレートを作りました。 ”NATURIM"という文字が浮き出ます。無論押しこむと全く分からなくなります。 本来はSKD(金型用合金工具鋼)の焼き入れをした材料で加工をするのですが、注文の際SKH(高速度工具鋼)を間違えて頼んでしまい、加工しました。...

 先日テレビで放送されたので、ジグソーの関する問い合わせが来ました。さすがにテレビの影響です。SKDの焼入れ材を薄くスライスし,研磨仕上をしたプレートを作成し、ワイヤー放電加工で1ピースずつ仕上げていきます。1ピースが約30分も掛かります。25ピースを作るのに10時間以上かかります。...

このところ当社で作成した金属の型が、何回かテレビで紹介されています。作成の動機は2年ほど前にとあるテレビで見て、これなら私どもでもできる!と、直感し作成致しました。...

外国人の企業より依頼があり、英文の文字のプレート加工を行っています。”OKUGI”のプレートを見て、加工依頼が有りました。  金型用のプレートに文字の形状に穴加工し、そこに同じパンチ形状の文字を埋め込む作業です。...