ワイヤーカットの微細加工

土曜日ですが、長時間かかる微細加工が動いています。  半導体関連のコンタクト接点の加工です。形状が複雑で細いところの幅が0.15ぐらいの為、細線でないと加工が出来ません。ワイヤー加工は通常何回か回して仕上げ加工を行います。あまりの細さの為、固定が出来ず1回で精度も面切れいな加工を要求されます。...

今日は文化の日です。祭日ですが急ぎの仕事が入り、社長の私の出番です。しばらく水の加工機を扱うことが無く、本当に久しぶりの操作です。 急ぎの仕事で、36個程を仕上ないとなりません。1個の製品に、縦方向と横方向に角穴を加工します。1ヶ所1時間以上かかり、途中に切りカスを取る作業もあります。...

 ある大手企業から、微細試験片の切り出し加工の依頼を受けました。 板厚が3mmぐらいの所から、厚さ0.3mm幅が1.6mmx3mmの引張試験片のを切り出す加工です。どのように切り出し、冶具等で固定するかが、腕の見せ所です。  おまけに狭い範囲から15枚ぐらい切り出してほしいそうです。微細な位置関係による材料の変化を知りたいようです。...

 このところ、微細溝の加工依頼が続いています。0.03のワイヤー線で加工すると加工条件にもよりますが、0.035ぐらいの溝加工ができます。...
このところ半導体関連の部品の注文が続いています。今年の初めごろより増産が始まり、しばらく続くようです。当社にとっても嬉しいことですが、加工に非常に時間がかかります...

今年は微細な加工に火が付きました。本当はこんなに小さな製品が出来るとは思いませんでしたが、要求されるままに、それを追求しているうちに、極小の加工は多くなりました。...