200x100x25の金属板の表札

このところ当社で作成した金属の型が、何回かテレビで紹介されています。作成の動機は2年ほど前にとあるテレビで見て、これなら私どもでもできる!と、直感し作成致しました。

 もともとフィルムの抜き型の作成を得意としています。金属の型に比べ、格段の精密加工が要求されます。鋼の板を焼入れ加工し、ワイヤーカット加工で、中に入るパンチと、それを挿入するダイ形状の2枚の板を加工します。要求されるクリアランスは4μ狙いです。ただしOKUGIの文字の場合5文字が繋がっているので、形状としては非常に変な形で加工周長も相当長くなります。仕上加工まで入れるので、軽く両方で30時間ぐらいは掛かります

 テレビで紹介されましたが、簡単にできると思うのでしょうか。それなりの費用がかかります。

 

出来た型は、後ろから押すと文字が出たり消えたりします。 当社の技術の固まりです。