· 

武蔵境のネジ屋さん

武蔵境に昔から取引のあるネジ屋さんが有ります。もう50年以上になると思います。金型を組み立てる際に必要なキャップボルトや、昔はタイプライターの部品の組み立てをする際に、小さなネジが必要でした。

 組立の仕事も無くなり、金型を作ってプレス加工を行う仕事も以前に比べ激減しています。仕事に対して出来る工場が多いため、コストが下がり新規に参入する企業はほとんどありません。大手企業はそのような製品を中国や東南アジアに求めており、日本から本当に無くなりました。
 町を歩けばガシャガシャと、特に城東地区の下町では聞こえた物ですが、最近ではめっきり減りました。
その仕事に必要なネジを売る店も減っています。ネットではネジ屋としてありますが、コンピューターを駆使し在庫管理をしています。そんなん設備投資が必要な分購入は出来ますが、コストに響きます。
 この店は昭和にタイムスリップした感じです。ガラス越しにネジの箱が並び、電話で注文すると在庫を知り作りている夫婦が即座に製品を出してくれます。
他の販売店に比べ安価なので助かっています。長く残ってほしい店の一つです。