週末のワイヤーカット微細加工

今週末もワイヤーカット油加工機の微細加工で、2台がフル稼働しました。 


 線径0.05の細線での加工です。厚みが0.2mm、1mm x 7mm 程の極小部品を900個ぐらい加工します。ブリッジで繋いて一筆書きにして加工します。
 稼働時間は同じ加工でも片方の機械は62時間掛かるのに対し、もう1台は48時間で終わりました。と言っても、合計110時間、、、1日24時間としても4日以上掛かります。
 こんな大変な仕事でも、機械は適切な条件を満足していれば稼働しています。
 人間は正常に動いているかどうかを適時に監視するだけです。昨年入れ替えた防犯カメラが役に立ってます。
 こんな技術が日本の中小企業の底力の様な気がします。