· 

スーパーマーケットの棚

中国から発生した”新型コロナ肺炎”の影響が日に日に拡大してきています。


 TVでは、来週から全国の小中高等学校の休校の話、大手企業はテレワークで、自宅で仕事をするなどこれから2週間ぐらいがどのような状況になるのか非常に心配です。
 アメリカの株価も10%以上下がり、日本の株価にも影響が大きく出ています。私どもは製造業なので、今のところ大きな影響は出てきていませんが、最近の受注状況は決していいとは言えません。
 スーパーマーケットの棚には、マスクの品切れは分かりますが、トイレットペーパー、テッシュケースまでもが品薄になってきています。
昭和38年ごろの第1次オイルショックで、多くの人がトイレットペーパーを買い占めに走ったのを思い出させるような光景です。
 トイレットペーパーのほとんどは日本国内でリサイクル紙を中心に静岡県の富士市付近で作られています。国内生産率は98%にもなるといわれています。
人々にデマ、SNSなどによる拡散は、時として間違った情報も本当な様に受け止められます。
 いつ頃になったら収束するのか、仕事にどのような影響が出るかは今のところ不明です。3月に行われる予定の展示会の中止も決まり、異業種交流会の懇親会も中止、公民館などの公共の施設も閉鎖、テーマパークなど多くの人が集まる場所も閉鎖とどのようになるのか先が読めない状況です。
 冷静に今後を見据えたいと思います。